マジックナンバー7

最近本屋さんに行くと、「誰でもできる。雑談のコツ○○」みたいな形で、具体的な個数を記載している本をよく見かけます。
しかし、数十個もあるコツを実践しようとは到底思えません。(少なくとも私はそうです。)
今日は人の認識できる数量について記載していこうと思います。
counting-149957_640

マジックナンバー

アメリカの認知心理学者ジョージ・ミラーが提唱した心理学用語にマジックナンバー(正しくはマジカルナンバー)というものがあります。

マジックナンバーとは、人間が短期的に記憶できるのは7個前後(個人差により7±2)というものです。
※個人的には3,4個覚えることが精一杯ですが。笑


例えば以下の文字を暗記してみてください。
【食べ物】
焼き鳥、りんご、白米、鮭、ばなな、トースト、卵焼き、みかん、パスタ


暗記することが難しいのではないでしょうか?


例えば、これが自己紹介での好きな食べ物の説明だとしたら…
私は間違いなく最初の1、2個を覚えるので精一杯です。笑


では、どのようにすれば、もっと理解しやすくなるのでしょうか?



キーワードは「グルーピング」





それでは、以下の文字を暗記してみてください。
【おかず】
焼き鳥、鮭、卵焼き
【果物】
りんご、ばなな、みかん
【主食】
白米、トースト、パスタ

上記の例と同じ単語なのに、覚えやすいのではないでしょうか?


先ほどは9つの単語が並んでいるのに対し、
今回の例は3つのグループの中に、3つの単語が並んでいます。


このようにグルーピングし、1つのカテゴリ内の単語の種類を減らすことで、わかりやすさが向上します。
単語の種類が増えてもこのように分割し、階層を増やしていけば、フラットに並べるよりも圧倒的に理解しやすくなります。




「人の記憶力はそこまで優れていない。せいぜい3,4個を覚えるのが精一杯。」
勉強や、プレゼンテーションの際にぜひ意識してみてください。




ではでは。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA